みどみどえっくす

元NO.1風俗嬢がゲスに真面目にエロを語る

大事な事は2回言うっていうのは、実は性癖だったみたいです。

つい先日おむつプレイのツイートをしたらね、一気にフォロワーが減ったんです。

 

 

 

まぁ元々数少ないフォロワーなのでね、増えたとか減ったとか、あまり重要ではないんですけど。

 

しかしその減ったフォロワーっていうのが、総じてオフパコとかやってるような、いわゆるエロ垢と呼ばれる類の人たちなんですよ。

 

・・・何事?と思いまして。

 

エロ主張するだけしまくって、結果アングラな問題になったらサヨナラですか。

何だかねぇってね。

 

勝手に(勝手ではない)人のタイムラインにあんだけいやらしい動画ばかり流しておいて、引き際が早すぎません?

 

 

いえ、やっぱりフォローするとか解除するとか、それこそそんなの個人の自由だから全然いいんです。

 

私が言いたいのは、私が常日頃うんことかおちんぽとか呟いても離れていかないでいてくれたフォロワーの方たちって、総じてエロとは反対側にいる方たちばかりなんですよね。

中にはうんことか、シモに両足ズボズボ突っ込んでますよねって怪しい方もいるんだけど・・・

 

 

エロに対して余裕のない人間っていうのは、ハッキリ言って嫌いです。

実はノーマルが一番にいやらしいっていう事もわかっていて言っています。

 

 

しかし何かもう、この男気ときたらもうね・・・

オトコでもオンナでもどちらでもいい。惚れました。

だって、かっこよすぎません・・・?

 

広い理解力を持ちながら、蛆虫みたいなオンナがうんことかおむつとかギャーギャー騒いでも尚泰然自若として泳がせておいてくれる、そんな度胸、私にはありませんもの。

 

そういう意味では、私もどちらかと言えばエロ垢派。

 

まぁとは言え、「またどうしようもない事言ってる・・・」と思われていただけかもしれないのですが。

 

 

 

だけど中にはこの何だか何処の馬の骨ともわからない、蛆虫みたいな元風俗嬢なんかが書いてる蛆虫みたいなブログを、いつも読んでくださっている方もいてね。

本当にありがとうございます・・・

 

 

話は変わって先日、親友と私のブログについて話をしていたんですね。

私が「文章を書くって事を生業にしている人ってすごいよね・・・私はあんまり得意じゃないから自分のブログですら、頭抱えちゃう時もあるからな。」

と言ったら

「曲作るでも何でも、作曲も作詞もミクスチャーも全部自分でやってるヤツって、みんなクスリやってんだろ(適当)。お前みたいなのは一般ピーポーなんだから、ブログ書く前にせいぜいバファリンでもキメとけ。」

と返されたんですね。

 

私はその言葉に優しさしか感じなくて、そういえば最近は急な寒暖差で若干風邪気味なんですね。

だからお薬飲んで寝てろってことかなあって。

まぁ、だとしたらバファリンではなくて、ルルとかベンザブロックとかって言ってほしいですけど。

 

で、こういった自身の気持ちをあくまで「そういえばさ」的なノリで相手の会話に被せて、且つユーモラスに伝えられる人間って個人的にたまらないんですよね。

 

ブログも同じでね、本当、優しさしか感じないです。

こんなネット界の藻屑みたいなブログを読んでくださって、しかもスターまでつけてくださる方もいるからね・・・ 

 

以前にも、もしかしたら同じような事をブログで言ってるかも。

 

デジャブ?って感じですけど、実は感謝の気持ちも、対して謝罪の気持ちも、セックスの時の「気持ちいい」って感想も、大事な事は2回以上言わないとイかせてもらえないんじゃないかって思っちゃうくらいには小心者なんです・・・

 

「気持ちいいって言わないと、イかせてあげないよ?」とかいう、ちょいSM界隈では有名なプレイがありますよね?

あれの呪縛から、未だ逃れられません。

 

あれって、大体は一回言ったくらいじゃイかせてもらえないですよね。

 

そのうち「いただきます」も3回くらい言わないとご飯食べられないとか、思い込みそうで怖いです。

 

いや、でも、その点で言ったら某芸人の「かしこかしこまりましたかしこ」って、とても理にかなってる。

 

うん。全てがそういう風潮になっていけば、いいな。

 

「気持ち気持ちいいです気持ち」とかさ。

くだらないけど。

 

だって、

「ザーメンぶっかけて!」

「ザーメンぶっかけて!」

「ザーメンぶっかけて!」

は、いくら必死でもいくらぶっかけて欲しくても、羞恥心の問題で3回は言えませんもの。

 

もしかしてあれも、「気持ちいい」と言わなければ絶対にイかせてもらえないプレイの呪縛から逃れられない、私と同じ”構成員”の方だったりして?

 

 

 

ちなみにオムツが好きな者同士でお友達になると、「オム友」とかいうみたいですよ。

 

是非いかが?

 

 

 

美容師をオカズにする気色悪い元風俗嬢はと言えば、紛れもなく私の事です。

先日、美容院に行ったんですね。

いつもの行きつけの所なんです。

 

でも、ふと会員カードを見てみたら、前回行ったのが七か月とか前なんですね。

さすがに三か月以上行かなかったのって初めてだったので、本当にビックリしました。

人って無職を極めるとここまで無精になるの?ってね。

 

いえ、単に億劫に億劫を重ねてここまで来てしまったわけですが。

 

 

実は私、美容院って、苦手なんです。

出来る事なら行きたくはないし、常日頃最低限しか行かないように心掛けてます。

 

全身性感帯とはよく言ったもので、ホントにそれなんですよ。

頭ですら触られると、ジっとしてはいられないんです。

 

さすがに喘ぎはしないですけれど、シャンプーとか本当に、辛いんです。

 

今の担当さんも男性の方なんですけど、シャンプーの時に感じてしまうかしまわないかといった理由だけで指名しているんですね。(そんなこと本人にはケツの穴が裂けても絶対に言えない・・・)

 

で、なかなか相性が合う美容師ってのがいなくて、ドンピシャで見つけた時には感動すら覚えたわけですが。

 

やっと私は感じてしまう事なくシャンプーが受けられる!と、そこでもはや歓喜によるエクスタシー。

なんともケツの穴が緩みだしました。

 

生涯で二人目ですね。

一人目は、独立して地元に帰るとかで、それがうんと遠方だったので泣く泣く送り出すしかなかったんです。

 

そこまで言うなら今は千円カットとかあるんだし、そういった所へ行けばいいのにって自分でも思うんです。

あれならシャンプーとかはいらないはずだし。

 

しかしこれは私の欲張りな所だと重々承知なのですが、頭に触れられたくないくせ、カットし終えてからはシャンプーをして全てを流さないと、気が済まないタイプなんですね。

 

そんな欲張りな私はムラムラしたら、生理中だろうが何だろうがしきりにおちんぽに眼をつけて垂涎するタイプです。

 

私にとって垂涎の的とは、まさにおちんぽ。

あらあら、上のお口からも下のお口からも、涎が・・・

って久々うまいこと言ったなって思いましたけど、ちょっと気色悪いですか?

 

 

そして私の経験上女性の美容師の方って、洗い方がソフトすぎて更に変に感じてしまうんですよ。

レズの趣向は今のところないし、性の対象としてはさらさら女性に興味はないので本来ならば感じ得ないのに、人の新たな扉を開こうとガッシガシ勝手にノックしてくるんですね。

無意識だから尚タチが悪いなと思っているのですが。(被害妄想)

 

 

だから女性の方って指名しづらくて、初めて行く美容院でも「シャンプーは絶対男性の方で!」って食い気味に言うので、絶対変な人だと思われてると思うんですが。

 

「変態!」って思われるのは全然いいし、むしろごもっともなんだけど、この歳になって「変人!」って思われるのだけは人格の問題になってくるのでちょっと・・・

 

 

対して今の担当さんは、もうスイカでも洗ってるの・・・?っていうくらいには粗雑なので、本当感じないです。

なんにも、感じないです。

私にしては珍しいくらいに、子宮がピクリともしないんです。

粗雑さから来る恐怖故にケツ穴なら都度ヒクヒクしますけど。

 

 

余計なお世話だけどその担当さん、セックスも粗雑なんだと思うわ(笑)

本当、余計なお世話だけど・・・

 

きっとこの人とはセックスの相性合わないわ~って、シャンプーしてもらう度に思ってる(笑)

本当、余計なお世話だけどね・・・

 

早漏だしモノも小さいけどプライドが許さなくて、彼女の反応も見ずにこれが正しいとガッシガシ頑張っちゃうタイプ。

余裕の無さの表れかしらね。

本当は騎乗位でガンガンに攻められるのが好きなくせに恥ずかしくて言い出せなくて、立ちバックでイキがっちゃうナルシストと見た(笑)

あぁ、すみません。そろそろ本当に余計なお世話だよね・・・

 

 

でも一旦席に着くと、「あれ、人変わった?」ってくらい、優しくなるんです。

 

「寒くない?温かい飲み物、出そうか?」

「あれ、ちょっと汗ばんでる。ひざ掛けもらおうか。」

「ネイル変えたね!俺は今回のが好み。」

とかね。

 

 

 

何だよコイツ、セックスは雑だけど、ピロートーク上手い系男子かよ・・・

 

って。

 

 

 

いえ、美容師の本質ってシャンプーではなくて施術中にあると思うので、本来ならばこれはピロートークが雑で本番上手い系男子ですよね。

 

あぁ、始まりと終わりにシャンプーするので、前戯と後戯が恐ろしく雑なんだわ・・・

 

ん?待てよ・・・?

もしかしたら今時のオラニャン系男子にありがちな、いわゆるアメと鞭なのかもしれないって思ったら、何だか急にデキル男に思えてきた。

 

これっていわゆる

 

 

育て・・・?

 

 

もしかして私って、育てられてるのかしら・・・?

 

むしろ普段は冷たいけれど、でもセックスになるとゆっくりお互いの温度を都度確認しながら優しく導いてくれるっていうのがウケがすこぶる良いと思うんですけど、合ってます?

 

へぇ〜、だとしたら急に魅力的なオトコに思えてきた。

 

もしかしたらセックスの相性もまあまあに合うかもしれないなあ。(ドM)

 

 

ってわけで次回のシャンプーでも感じなかったら、私の勝ちかな。

時を待ちましょう。

 

 

しかしもう既に、髪を伸ばしたいという。

 

 

どうにもやっぱり不二子が好き。

 

 

何度でも、目覚める。甘心するな、初心に返れ。

予期せぬ緊急事態が発生しました。

 

私、うんこってビジネスでやり尽くしたし、きっともう、うんこを見て子宮がうずくなんて事、ないかもしれないと思っていたんです。

 

だから多分、きっともしかしたら、単に好きだと思い込んでいただけで(思い込みでうんこ食えるって我ながらすごい)、好き好きって言っといて実はノーマル寄りだったのかもなぁなんて事も考えてはいたわけなんですよね。

 

それこそ言ってしまえば「ビジネスうんこ」というわけで。

 

 

しかしね、ここ最近好きでたまらない俳優がいまして。

 

霖雨が続く中、自宅に籠りただひたすらにその俳優のインスタグラムを見ていたんです。

そしてその俳優がね、インスタグラムでいつの食事かはわかりませんけれど、牛カツの写真を上げていまして。

 

 

私、それを見てボケ~っと「あ、今日これ食ってうんこするか」と思い、早速食べログで探し出したところでハっとしまして。

 

さすがにプロでしたのであの日のようなときめきすらないものの、完全に、無意識でした。

 

ちなみにドラクエで言えば討伐確認するのと同じくらいのノリです。

 

 

 

この話を聞いて何だかデジャブ、感じません?

 

自分でもすっかり忘れていましたけど、これが初心にかえるというやつなんですかね。

 

midomidox.hatenablog.jp

 

再び目覚めるきっかけが同じで、自分でもビックリしましたね。

一生のうちに二度もうんこに目覚めるなんて事、生まれる前は想像もしていませんでした。

 

私、やっぱり自分のルーツって雨の中にあると思うし、きっと来世でも来来世でも、雨の日には同じ事やるんだと思います。

そしてきっと前世でも、同じ事して生きてきたんだと思う。

 

 

ただこれがね、プライベートだから怖いのなんのって。

今まではビジネスとして生業にしていたから常にお相手役がいたわけで、今なんか養殖のうんこを世に放ったところで、まったく役立たずのうんこなわけですよね。

 

 

何だか最近、事あるごとにうんこうんこうんこうんこって、ごめんなさいね。本当に。

 

今日はちょっと、しんみり語らせていただきました。

 

あぁ、もう目覚めたくない。

初心にもかえりたくない。

今日もうんこの話で終わってしまった・・・

 

 

 

今日は、晴れました。

しばらくは雨は降ってほしくないなぁという思いです。

こちらの淫毛の落とし主は、どちら様ですか?

私、パイパンなのに近頃よく浴室に結構な長さの淫毛が落ちているんです。

 

私、パイパンなのに。(二回目)

 

それがね、親友のものだって事に最近気が付いたんですけれど。

 

midomidox.hatenablog.jp

 

 

その親友にね、最近彼女が出来たらしいんです。

昨朝、急に去り際、

 

「何か彼女が、もうお前と会うなとか言うんだわ」

 

と言い出しましてね。

そこで初めて知ったわけですけど。

 

まぁ一緒に居たって勿論恋愛感情も無ければ、現在無職の私を気遣って毎晩のように酒を買って来たり、自分の一押しAVを持ってくるってだけで特にこれと言ってメリットもないわけで。

 

ましてやこちらからすれば、今更男女のイザコザに巻き込まれるのだけは御免なんです。

見ず知らずの女性に敵対心を抱かれるほど、怖いものはないので。

 

 

いつしか男女の関係を越えて、お互いケツの穴を見せ合ったところで痔の有無を確認こそすれど、そこに性的興奮なんて皆無なわけで。

更に言えば、兄弟の裸を見てしまった時と同じような気色の悪ささえ生じるわけで。

 

いつだったかな。

うんこで商売してるなら浣腸だって上手いんだろうという理由だけで、医者から処方された痔の薬を塗布、または挿入したこともありました。

しかしまたしても性的興奮など、皆無。

彼の言い分と言えば「親とか絶対無理じゃん。かと言って妹になんて絶対頼めないじゃん。かと言って薬入れる為だけに病院行く時間、もったいないじゃん。」

私に対して金払え、コノヤロウ。

 

しかし、さも当然と言わんばかりに毎晩のように酒を買って来てはそのまま雑魚寝、翌朝シャワーを浴びて仕事に出かける彼と、横目で彼を見送る私は、朝の「おはよう」すら言ってしまえば言葉は交わさないまでも、半同棲のような状態はきっと彼女から見たら気分良くはないだろうと思います。

 

「そっかぁ。」

 

とだけ、返す。

 

どうぞどうぞ、彼女と仲良くしてくださいよ。

結婚式と葬式にだけは、呼んでくださいね。

なんて思いながらブログを書いていると、いつものように彼が「おっつ〜」なんて言いながらまたウチに来たんです。

 

「はぁ、どうぞどうぞ」と、いつものように部屋へ通すが、彼もまた、何も言わずにいつものように隣で酒を飲み始めます。

 

今日は三連休の中日。

本来ならば、彼女と楽しいデートのはずでは?

 

まぁ少々気になるけど、聞かない。

聞いたところで、答えに興味がないから。

 

きっと何を聞いても「ふ〜ん、そっか」となるだけの気がする。

そういうのは面倒だから、初めから聞かないんです。

 

そしてみみっちい事情には興味はないんだけど、元気でいてくれると心底安心する。

そんな関係が今は心地よくて。

 

 

 

たださ、どうでもいいけど、あの風呂場の淫毛、いつも君のだよね?

それだけは聞かせて。

頭髪は若干くせ毛気味だけど、しっかり直毛の陰毛、やっぱあれって君のだよね?

 

そして淫毛落とすのやめてくれない?

あれ、結構ビビるんだ。

 

私、パイパンだから。(三回目)

 

 

目先の数字に囚われすぎて、極めておかしな事になっているブログはこちらのブログです。

当たり前のことに割と最近気付いたので、つらつらと書いていこうと思います。

 

 

今、ダイエット中なんです。私。

ダイエットをしていると、目の前の数字に囚われないっていうのがいかに大事か本当に身に染みるんですね。

 

それこそ明日明後日の+0.1㎏、-0.1㎏に一喜一憂していたらキリがないですし、それで精神的に振り回されちゃってストレスを溜めてしまい結果ドカ食いに繋がったら元も子もないわけで。

 

これって商売してた時にも思い当たる節があって、目の前のお金ばかり追い求めていても本当にどうしようも無かったんですね。

 

日銭商売なのでその日暮らしも大いに可能ではあるし、実際に「ホスト行くから今日は3万稼いだら帰るー」とか言って、その日遊ぶ金を稼いだら給料清算して帰るような子もいたのですが。

(これは批判しているわけではないですよ。むしろそれがその子のモチベーションになっているならば大いに賛成派です。私は。店も盛り上がるしね。)

 

 

しかし長い目で見て、目の前の数字(顧客数や売上金)ばかり追い求めていると次第にパフォーマンスって落ちてくるに決まっているんですよね。

サービス料としてはありえないくらいの高額をいただいてるわけなんですけど、最終的に我々も人対人であって、諭吉に対して素股やローションプレイを楽しんでいるわけではないので。

 

 

あと、こういった話はだいぶ語弊があると思うので前置きとして、お客を選んで適当な仕事をしていたわけではないって事は言っておきたいのですが・・・

 

例えばあるお客様は毎回一番最短コースでオプションも無し、いわゆる稼げない客なんですけれど、目先の数字を求めるとしたらどうせ稼げない客だからってあまり労力を使わずに至ってシンプルな回し方をしていたんですけれど、実はそういうお客様に限って通ってくれるようになれば、どういうわけか救世主になってくれたりするんですよね。

 

どんなコマでもコマ数は多くもっておいた方が良いのと同じで、風俗業って例えばW杯の時なんかはホテル街も閑散としてくるし、店にもお客は入らないし、比較的暇、というかだいぶ暇になってしまうんですね。

そういう時に稼げないお客様だったとしても、例え最短コースでもポンと入ってくれることによって、意外とお店って回り始めたりするんです。

 

大抵は最初からお金を使ってくれるお客様を大事にしがちなんですけどね。

 

余談ですが私も先日自分のお金でレンタル彼氏を呼んでみて思いましたけれど、ケチって極めてシビアなんです。

逆を言えばだからこそ一度掴むと強いというか、ちょっとやそっとじゃ、離れないですよね。

 

 

 

そして風俗業で目先の金を追いかけるのに必死な嬢っていうのは、最終的に本番やらせまくっちゃうとかね。

これがダイエットで言うドカ食いですね(笑)

 

もちろん性欲が溜まりに溜まってとかじゃないですよ。

目先の数字ばかりを追って適当なパフォーマンスで仕事をしているから、リピーターが付かずに、結果稼げなくなって自暴自棄になってしまうんですね。

 

本来出すべきでない最終兵器を、出さずにはいられなくなるんです。

穏やかじゃないねぇ・・・

 

性欲っていうのは時として犯罪にも繋がるように、本当にとてつもないパワーがあるので、こちらとしても適当な仕事をしていたら、いつまでたっても捌けないに決まっているんです。

 

だからこそ目先の数字に囚われる事なく、長い目で見て地道にお客様と心を通わせていくしかないんですね。

 

 

パワーで言ったらダイエットもそうで、ストイックにやりすぎてしまった結果、飢餓からくる食欲って本当に凄まじいほどのパワーを持っていると思うんですね。

(過食症、拒食症についてはあえて触れません。)

 

じゃあそんな事になっちゃったら大変だから、ストイックな体育会系ではない、いわゆるユル系ダイエッターさん達なんかは、インスタグラムかなんかで「お菓子を食べちゃっても、自分の事は責めない。むしろこれだけの量で止められて偉かったね!って少しの事でもいいから、自分を誉めて誉めて成長させていきましょう!」みたいな事を言ってるのをよく見かけるんですが。

 

対して体育会系のダイエッターさん達からは「そんな事言ってるからいつまでたってもデブなんだ」とか。そういう声って定期的に上がっていますよね。

 

私から見ると両者ともに、それこそ目先の何かに囚われすぎというか。

体育会系はそれこそ目先の数字に囚われすぎ。

ユル系はお菓子食べたくらいで責めるとか誉めるとか、そんな大事にしなくてよろしい。

食べるって行為を、特別視しすぎ。(ダイエットしてるから、仕方ないんだけどさ・・・)

 

 

反動が怖い私はむしろどちらにも属したくないなと思っていて、じゃあどういう持論でダイエットしているかと聞かれれば、ダイエットしてるって身体にバレさせないダイエットなんですね。

は?って思うじゃないですか。

 

人ってホメオスタシスといって、恒常性があるんですよね。

それを越えようとするから辛くなるわけで。

少なからず辛くなるから反動ってあるわけですよね。

前途しましたけど、それこそドカ食いとかね・・・

 

でもダイエットするには今までの生活習慣を変えなくちゃいけないわけですよね。

いくら辛いとか恒常性とかって言ったって。

じゃなきゃ痩せられるわけなんてないんだし。

 

 

だから私は少し、意識だけを変えてみるんですよね。

今まで通りお菓子も食べるし、最近嫌われ者の糖質(炭水化物)もしっかり取ります。

でも、意識だけ変えてみる。

これが前途した目先の数字に囚われないというものなんですが。

(前置き長すぎじゃないか・・・?)

 

数字ってもちろん大事なんですけれど、数字を目的にしないんですよ。

結果を目的にしないってやつですね。

 

風俗業でいえば、「月何万稼ぐ!」じゃなくて例えば「お客様の新しい性感帯、毎日一人一つずつ見つける!」とか「気持ちいいフェ〇チオの仕方を研究しまくる!」とか。

 

ダイエットでいえば「月何kg痩せる!」じゃなくて「健康的な生活を送る!」とか。

「運動の習慣をつける!」でもいいと思う。

もっとアバウトでいいと思うんです。

更に言えば夢みたいな事でもいいと思う。

 

苦労して頑張ってると思い込むから悲壮感すら漂うし、更にはドカ食いや本番行為(反動)がやってくるのであって、そういう時って大抵は目先の数字にばかり気を取られすぎなんです。

 

そしてユル系ダイエッターは、お菓子食べちゃった後悔を責めるだの誉めるだのしてごまかそうと必死すぎ。

 

数字を目的としていなくて、尚且つ長い目で見た時に向こう側に数字とは違う目標があれば、もっと色んな事が楽しんで行えると思うし成功に結び付きやすいと思うんですね。

 

「痩せたら可愛い服を着て、オトコにチヤホヤされまくる!」とか

「リピーター増やしまくったらファンクラブ作って奴隷を従える!」とかさ。

 

そうしたらいつの間にか行動自体が変わってくるし、結果はもちろん遅かれ早かれ絶対付いてくると思う。

 

ちなみに目標っていうのはちょっぴり下衆な動悸の方が、個人的には達成しやすいと思っていて。

だって人って、綺麗事ばかりじゃ生きていけないからさっ!

ちょっぴり辛いなぁと思う時って、多少不純な方がリアル感増すと思いませんか?

綺麗事ばかり並べられても、到底達成出来なそうで逆に萎えます、私はね・・・

 

 

ただ、風俗業がある程度長かったせいか、日銭商売感覚って未だに抜けないんですね。

学生時代にもコツコツ積み上げる作業ってやってきていたはずだし(やらなきゃ受験にも受からないし)、もちろん仕事もそういうモチベーションでやってきたつもりですが、やはり風俗業とかって感覚を鈍らせるんですかね。

とは言っても結局は、自分の認識の甘さだとは思いますが。

 

自分の意識の中でだいぶズレがあるので、これは今後徹底的に修正して行くべき点だし、課題ですね。

 

まぁここまでつらつらと書いといて、結果何が言いたいかというと単に努力が嫌いっていう事だけですね。

それを約3000文字以上にして引き延ばしたんだから、すごいと思うのよ・・・(白目)

 

結局この記事も数字(文字数)を追いすぎて、ホントどうしようもない記事になっちゃってますよね。

あれだけ言ったのに、性懲りもなく目先の数字に囚われすぎぃ!

 

 

 

 

今回のダイエットも大幅なダイエットではなくて、ちょっと身体のラインを変えたいとか、もう少しココ引き締めたいとかそういう程度なんですけど、やっぱり身体を変えるって難しいですよねぇ。

 

つくづく思いますけど、あまり自分と向き合うのが得意じゃないんだと思います。

なのでダイエットというよりは、自分と向き合う訓練なのかも。

 

ダイエットって最終的にはメンタルが大事って言われますけど、本当にそう思いますね。

 

自分と向き合わざるを得ないので、良い機会だなと思ってこれからも続けていこうと思います。

 

 

そして私はダイエットに成功したら、ファンクラブを作って奴隷を従えたいです。

あぁ、もちろん性の方の奴隷です。(下衆)

 

レンタル彼氏、呼んでみた。(第二回)

私はずっと考えていました。

 

恐らく何も考えずに手っ取り早く添い寝しようと下心全開で行くから、結果何もうまくいかないのだと。

 

 

第一回はこちら

midomidox.hatenablog.jp

 

 

やっぱり物事には手順ってものがあって、一つずつ段階を踏んで行かなければ何事もうまくいくわけなんて、ないですよね。

 

幼稚園児がいきなり大学生にはなれないのと同じで、新規のお客がいきなり本番させてもらえないのと同じで、一歩ずつ歩み寄っていかないから、歯車が上手く噛み合わないんだと思うんです。

そしてお金にモノを言わせて、手っ取り早く自分の願望を叶えようとするいやらしさが丸見えなんですよ・・・

 

 

 

遅くなりました。

「来週あたりかしらね」とか言っときながら、結構たちましたか。

 

一週間って早いなぁっていうどころか十日もたってしまって。

 

みなさん、前回のおさらいキーワードはしっかり復習してきてくださいましたでしょうか?

今日もしっかり頭に入れて、ぼちぼちやっていきましょうか。

 

 

 

実は今回は前回と違って、フリーではなくて指名で呼びました。

理由は前回と違い時間的にだいぶ余裕があったという事と、前回フリーが原因かはわからないですけれど、結果的には失敗したので割とマジで吟味いたしました。

 

 

ちなみにお店は変えたかったんだけど、変えられなかったんです。

 

私の住む地域はここら界隈では割と都会だと思うのですが、所詮都道府県規模のプライメイトシティのお隣さん的な位置付けであって、システムのみが中途半端に田舎なんですよね。

渋谷のギャルになりきれない地方都市のギャルみたいな。

だから、そういった風俗産業すらも都会に全部持って行かれちゃうので、店の絶対数が少ないのです。

かと言って自分が都会に行くのも気が進まないし、遠方からわざわざ来てもらうのも気が引けるし・・・ね。

 

という諸事情により、です。

 

 

 

お店の方と電話口で、待ち合わせ場所と時間を決めて。

今回は、やはり正しく手順を踏んで行こうという事で、いきなりホテルではなくて一緒に食事からって事で、駅前で待ち合わせをしました。

まぁ前回のトラウマもあるし、そういった雰囲気には持って行きたくなかったので。

 

では、

 

 

 

 

 

いざ、出陣!

 

 

 

 

 

気合い入りますよぉ~なんてったって今回は初めての指名だし、前回のこともありますから・・・

 

 

指名した子は、年下です。

なんだろ、最近ホントにね・・・嗜好が変わってきちゃったのかな・・・

 

まぁ嗜好云々の前に、肉も魚も野菜もオトコも、どうせ金払うならそりゃ新鮮な方が良いに決まってますわ。

このセコさが吉と出るか凶と出るか、皆さんこうご期待ですよ・・・(震え声)

 

 

 

ちなみに指名した子のイメージ画像。(パネル)↓

とりわけタイプってほどではないですけれど、一番新鮮だったので。

 

f:id:midomidox:20180913172309j:plain

 

 

あぁ、本当雰囲気はこんな感じ・・・!

野岳(さのがく・・・?)ですか。

タイプでなくても、ここまで仕上がった子が来るのであれば全然進んでお金払いますね。

私、芸能人とか疎い方ですけど、毎回画像検索のセンスが神がかっている気がしています。

 

 

そして、ご存知の通り私早漏なんで、もう先に出しちゃうけど大事なのが実物。↓

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:midomidox:20180913173745j:plain

 

 

・・・?!

ちょっと何事なの・・・?

・・・いやまぁ顔の濃さは同等かそれ以上だけどね・・・

 

 

もうね、駅前で待ってる時に、私はこの子

f:id:midomidox:20180913172309j:plain

が、さわやかに登場してくれると信じて疑わなかったんですよ。

 

でも、何かがおかしい。

 

この子じゃなくてコイツが

 

f:id:midomidox:20180913210127j:plain

 

私の前を、行ったり来たり、行ったり来たり、チラチラ見ながら何往復もしてるんですよ。

 

まぁ、今日は気合い入れて来たわけだし、年甲斐もなくチャラチャラして見えるのか日頃よくナンパされるのでね、今日もその類かぁなんて思っていたらね。

なんと近づいて来るんですよ。

「うっわぁ〜、本当にナンパかなぁ、早く来てくれないかなぁ佐野くん・・・」

って焦っていた時の

「遅くなってすみません。ミドリさんですか?間違えていたら、ごめんなさい。」

の破壊力ったらもうね・・・

おかあさぁ~ん・・・って帰りたくなった。

 

でもね、ここは大事だから絶対書くけど「うわぁ、お綺麗な方ですね・・・ビックリしました。俺、もっとガチャガチャしたのが来ると思ってたんで・・・」って。

 

・・・あぁ、大事だからもう一回言う?

「うわぁ、お綺麗な方ですね・・・ビックリしました。俺、もっとガチャガチャしたのが来ると思ってたんで・・・」って。

 

でもここで注意してほしいのがオマエ、ガチャガチャしたのコケにしたから同じオンナとして許さない。

オマエは絶対地獄に落ちる。

 

っていうかその前に、オマエはそのガチャガチャしたのも含めてオンナってものを知ってるの?

オンナを「ガチャガチャ」とか効果音で表す高度テクニック、一知半解な童貞がやっていい技じゃないからね。

 

 

 

まぁ前回はね、パネル写真とは若干違うかなって感じはしましたけれど、でも全然、進んでお金払いますよっていう仕上がりの子でしたよ。

顔はね。顔は。

 

でもね、今回、ちょっと違いすぎません?!

 

だったらまだこっちの方が良かったかなって。

 

f:id:midomidox:20180913174019j:plain

似てる〜!

 

 

いや、パネル写真はね、宣材でもあるから多少の修正は全然いいんですよ。

ちょっと目を大きくしたり、フェイスラインをシュっとさせたりね。

あと風俗嬢で言えば個人特定できるような入れ墨やタトゥーを消したりとかね。

全然いいんです。

 

 

でもね、まったくの別人ってあんまりじゃありません?!

 

よく現役の時にお客様から聞いていた”経験者は語る”によれば、韓国デリヘル(略して韓デリ)ってこんな人をパネル指名しても

f:id:midomidox:20180913210200j:plain

 

実際はこんなの

f:id:midomidox:20180913210225j:plain

が来るのは常識なんだってのは有名なお話で、それを聞いては都度笑い飛ばしていたんですよね。

 

でももう、バチが当たったんですかね。

こんな事ならもっと親身になって同情してあげれば良かったなって、今更思ったところで仕方ないですけどね・・・

 

だってもう目の前には・・・

f:id:midomidox:20180913210243j:plain

 

 

これがいるんだもんねぇ。(こっち見んじゃねぇよ!)

 

こういうのって確信的なぼったくりですよね、本当。

 

こいつレベルなら、私がお金貰いたいくらいですよ。

むしろ逆にお金取っても、誰も何も文句言わないと思う。

 

でもね、一つ救いなのは、パネルとは全く別人だけど、私別にイケメンが好きとかイケメンじゃなくちゃ嫌とかではなくって、どちらかと言えばイケメンには興味がないわけで。

 

だからもう顔じゃなくてスキルで勝負してもらうって事に切り替えましたよ・・・

なんか全然新鮮じゃないけどね・・・

新鮮な茄子買ったつもりが間違えてきゅうりのぬか漬け買っちゃったかぁ〜って思う事にしてね。

そんくらいの間違え、ホント屁でもないっすわぁ・・・(白目)

 

 

 

でね、気を取り直して駅前にあるカジュアルなイタリアンでご飯食べて。

今回も前回同様ニ時間取ってあったので、まぁ何処の馬の骨ともわからないオトコとご飯食べるにはちょうど良い時間かなと。

本当は一時間でも良かったかなあ。

まぁ、ここは腕のふるいどころという事にしておいて。

 

二人でワイン飲みながら、本当思い出せないくらいたわいも無い話、まぁ裏を返せばつまらない話をしていたんですよね。

しかしとっても素人っぽい子だし、話はたどたどしくて、それでいてちょっと気難しそう・・・?

 

だって、こっちは「遠慮しないで沢山食べてね♡」とか経験値を積んだイイ女しか言ってはいけないワードを惜しみなく出すも、返ってきた言葉といえば

 

 

 

 

 

「大丈夫です。自分のペースで食べるんで。」

 

 

 

 

 

 

そこはウソでも「はい!嬉しいです!ありがとうございまぁす!」とか言っとけよぉ、この金泥棒がぁ〜(涙目)

オマエ店に属してさえいれば素人でもタダで金貰えるってわけじゃねぇぞお〜(泣)

金貰ったならそれなりの仕事しろよぉ〜(号泣)

 

 

 

ん〜、まぁ・・・なんか、噛み合わないなぁとは思ったんですけど、でも一生懸命に話はしてくれてるし・・・

決してやる気がないというわけではなさそうなんですよね。

 

しかも私は最終的に何も言わずに安心安全に添い寝をしてくれる子を探しているわけだから、話なんてぶっちゃけどうでもいいんですよね。

 

 

 

だけど、これだけは覚えてるんですがね。

噛み合わないのに疲れてしまって私も全然自発的に喋る気なかったんで、会話に困ったのかバッグからタブレットを取り出して徐ろに見せてくるんです。

化物語」とかいうアニメらしいんですけど、主題歌を聞かせてきたり、アニメについて熱く語る、語る。

っていうかそれ、何年前のアニメよ(困)

 

 

オマエさ、そんだけの情熱あるならせめて会話のしかた学んでこ〜い(涙)

 

 

もう嫌になっちゃってね、トイレに逃げたんです。

でもね、出た瞬間、トイレの前でおしぼり持って待ってるんですよ。

小さな店で目立つのに、きっとずっと立って待っていて「お帰りなさい♪」っておしぼり広げて渡されて。

 

彼におしぼり要求されたであろうウエイターさんも、周りのお客さんも、「何事なの・・・?え、彼氏?違うよね?何でおしぼり持って待ってるの・・・?」って顔でこちらを見てる。

 

絶対「コイツ商売人雇ってんな」ってバレてる・・・

 

 

オマエ、こういう時ばっかり仕事すんなってばよ(泣)

 

 

もう恥ずかしくなっちゃって。

時間も時間だったので、さぁ帰りましょうと。

本当は現地解散でも良かったのですが、危ないから駅まで送りたいとの事だったので、まぁすぐそこだしいっか〜なんて一緒に駅まで歩いてね。

 

「今日は、ありがとうね。本当楽しかった。」

って言われて。

 

まぁオマエは楽しかったろうな。オマエはな。

所詮営業だと分かってはいても、そうハッキリと言われると尚辟易します。

 

そしてね、ここでトドメの一撃。

 

「また、会いたいから呼んでね。」

と、私の肩に手を置いて結構な長さの

 

 

 

 

接吻。

 

 

 

 

・・・信じられない・・・

 

少~しだけ外れてるとはいえ仮にもココ、駅前でっせ?!

めちゃめちゃ見られてるし、舌まで捻じ込まれてる。

もう私、隣にある交番に駆け込もうかと思っちゃいましたよ。

「おまわりさん、この人です!」って。

 

ねぇ、レンタル彼氏って、おちんぽ擦り付けてきたり、無駄にキスしたりすればそれだけでお客が喜ぶっていうマニュアルでも、あるの・・・?

 

 

でもここで思い出してほしいんですけど、「しかも私は最終的に何も言わずに安心安全に添い寝をしてくれる子を探しているわけだから、話なんてぶっちゃけどうでもいいんですよね。」とか前記してましたけれど、ここまで来といて尚下ゴコロ見え見えだし、誠意が全くないですわ。

 

何だかなあって思いましたけど、地雷踏むって多少なりとも自分にも原因があるのかなぁってね。

まぁ話がつまらなかったのは本当だけど、だからってそこでいきなりフルスロットルで下ゴコロ全開にしなくても良かったかも。

 

オンナの私からすれば添い寝はしてほしいけどその他の身体的関係は嫌っていうのは、まさにプラトニックで至ってシンプルな考えなんですけれど、男性にとってはそこらへん意味不明なんですかね。

 

そもそもこんな素人かプロかわからないようなヤツにまで、遊び慣れていないって見透かされてるんでしょうかね・・・(泣)

 

 

実は前回のレンタル彼氏についての記事が色んな方に読んでいただけたみたいなので、これはもう「レンタル彼氏シリーズ」にしてうちのブログのキラーコンテンツ化しようかなと思っていたんですよね。

けどもう意気消沈でしばらくは蟻んこから人間まで生き物という生き物全てを見たくないっすわあ・・・

 

 

 

 

では宴もたけなわではございますが、そろそろおさらい行っときますか・・・

 

 

今日のおさらいキーワードは!地雷踏むです!

(地雷踏む・・・お客さんに嫌がられるようなキャストを指名してしまう事。また、そのさま。)

 

皆さん、忘れないように三回言いましょう!

 

 

 

地雷踏む!

地雷踏む!

地雷踏む〜!

ちくしょ~!(泣)

 

 

 

やっぱ私は滴るほどに脂ギッシュなオヤジ一択。(号泣)

SUSURU TV.を見て揺れる嗜好。

正直、ラーメンが苦手です。

最後に食べたの、いつだったかな。

 

 

らあめん花月嵐」という、関東圏ではメジャーなチェーン店があります。

(店舗数は関東ほどではないですが、一応全国にあるみたいですね。)

f:id:midomidox:20180907170223p:plain

そこの「嵐げんこつらあめん塩」というメニューが美味しいからと言われて、友人に連れていってもらった事がありました。

 

f:id:midomidox:20180911155817j:plain

 

塩味だから、他のラーメンよりあっさりしているし、比較的食べやすいよ、と。

 

 

結論から言えば三口ほどで、ギブアップです。

というか、正直に言えばもう見た瞬間から、だいぶ雲行きが怪しかった。

背油浮きまくっている。

作ってくださった方には大変申し訳ないのですが、個人的に言わせてもらえればよく三口も頑張ったなぁ・・・と。

(残りは友人が美味しく食べてくれました。)

 

それが確か約8年前。

 

 

食べ物は粗末にするな、と幼い頃から祖母に厳しく言われていました。

 

今でも自炊をする際には、ほうれん草はお浸しにして茎(根っこ?)まで食べるし、大根のお味噌汁や煮物を作る際には、皮ごと入れます。

人参も、皮は剥きません。

フルーツも、基本皮ごと食べます。

みかんは、皮を剥きます。

 

 

我が儘を言えば少しだけ食感が悪かったり違和感があったりしますが、これで充分美味しいです。

もちろん他人に振る舞う場合は、この限りではないですが。

 

 

だけど、やはりラーメンだけはどうしても完食に至らないのです。

中華麺、嫌いではありません。

煮卵もチャーシューも、好きです。メンマも。

しかし、あのテカテカとしたフォルムのみが、私を一撃で胸焼けさせるのです。

 

脂の乗ったオヤジは大好物ですが、油に浸かりまくったあの細くてテラテラとした麺は、より一層私を萎えさせます。

 

 

すっかり前置きが長くなりましたが、ラーメンが苦手な私なのですが毎晩、ラーメンをすする男を見まくっています。

 


有名チェーン 花月の1番人気メニューをすする らあめん花月嵐 荻窪【飯テロ ラーメン】SUSURU TV.第835回

 

 

自分でも不思議だよな、と思うのが、ラーメンって本来ならば見るのも苦手ではあるんですが。

 

彼が食べるラーメンは、本当に本当に美味しそうなんですよねぇ・・・

ナレーションのテンポも相まって、どんなに見た目がこってりであってもラーメンそのものが実にさわやかに見えてくるんですね。

このナレーションがジョン・カビラとかだったら、胸やけ必須で絶対見てないと思うんですけど。 

 

いえ、正確には普通に聞くぶんにはもちろん素晴らしく、今の時代に乗せて言うならばまさしく”イケボ”といったところで。

しかしそのイケボだといやらしすぎてラーメンと合わせるのはクドすぎると思うんです。

 

 

 

で、彼のいい所っていうのが他にもありまして。

動画のゲストとして、女子アナさんとか、AV女優さんとかがいらっしゃる場合があるんですよ。

 


フジ女子アナを初二郎系に連れていってみた【もみじ屋・FNS27時間テレビ】

 

 


紗倉まなさんとメニューは塩ラーメンだけのお店ですする 目黒ONLY ONE NOODLE 壱富士【まなてぃー飯テロ】SUSURU TV.第583回

 

で、彼はこういう形態なのできっと女性からしても、親しみやすいというか、親近感を抱きやすいと思うんです。

まぁ裏を返せばイケメンではないっていう事なんですけど。(いや、痩せたら充分にイケメンだと思うの。)

 

そして余談ですが、有名なAVメーカーであるアリスJAPANに「出会って○秒で合体」っていう人気シリーズがあるんですが、そのアリスJAPAN紗倉まなさんとのコラボ企画であり人気作品でもある「出会って4秒で合体」っていう作品をパロディにした「出会って5分ですする」というサムネが本当に愛を感じます(笑)

 

 

話は戻りますが。

彼がイケメンではない、それのどこがいい所なの?という話なんですが、彼、イケメンじゃないのに女性ゲストが来た際にわかりやすいくらいにイケメンぶるんですよね。

 

私こういう姿見せられちゃったら、もうたまらんですよ。

一生懸命カッコつけようっていうのが、もう可愛くて可愛くて。

年下の男子が年上の彼女に対して一生懸命カッコつけようとする、アレ。

たまりませんよぉ。

 

 

いや、ついこないだまでね、童貞から学ぶべき事など何一つないとかね。

脂の乗ったおじ様、大好物ですぅ〜とかね。

散々言っといて、若い男にうつつを抜かすとか、何事なの?とは自分でも思うのですが。

 

midomidox.hatenablog.jp

 

 

最近嗜好変わって来ちゃったのかなあ。

なんだか今までの自分にサヨナラみたいで、ちょっぴり寂しい。

 

だいぶ揺れているんです。

 

今この姿のまま若いオトコもしくは童貞の前に出されたとしても私、きっと何も出来ない。

むしろこれまで同様オジサマ方に可愛がっていただいて、もっと色んな事を教えてほしい。

 

けど、もうそのオジサマ方と今肌を合わせたとしても、どうなのかな・・・?

むしろ童貞は・・・?

う~ん、こればっかりはやってみなくちゃわからないし。

 

 

いえ前々からね、大体の人間は性別問わずある程度年齢を重ねれば、男は童貞の頃に夢見た年上の綺麗なお姉さんなんかよりは、若いオンナに走るようになるし。

女は若い頃に憧れた、経済力や地位がある程度確立された年上のオトコよりは、若くて可愛いオトコに走るようになる、と。

それはもう人間の持つ本能と遺伝子構造上仕方がないことなんだ、と言われてきてはいたわけですが。

 

私もきっと三十路越えて、周りの同級生が片足ずつ脂に浸かり始めた頃にきっと、童貞狩りなんてしたくなっちゃうのかなぁ、なんてぼんやりした妄想をずっと繰り返してはいたんですよね。

あ、童貞とは言ってももちろん成人に限りますよ。

あ、そしてSUSURUさんが童貞だと言ってるわけではないですよ。

 

 

でも、さすがにまだ早くないかなぁ。年下のオトコに目覚めるの。

 

まさかラーメンをすする男を見て、自分の嗜好の変化に気付くとは思わなかったです。

 

そして私が晴れて童貞を抱く時、きっと頭の片隅には、ラーメンをすするSUSURUくんが浮かんでいる。

 

あぁ、SUSURU君を性的対象として見ているわけではないですよ?

念のため、言いますけども。

 

 

いや、ただなんとも不思議だなぁと思ってしまって。

ラーメンを食って生計を立てる男を、うんこを食って生計を立てていた女が見てる。

 

 

また今、心が揺れています。

 

 

え、何がって?

そりゃあラーメンを食べるか食べないかですよ。

別に童貞を取って食おうとは、まだ思わないです。

 

 

え、うんこ?

知りませんよそんなの。人違いです、やめてください。